揚げ物料理レシピ

スポンサードリンク

おしえて!うれしぴ レシピ 『失敗知らずのパリッと春巻き』

おしえて!うれしぴ レシピ紹介 2007年9月19日
『失敗知らずのパリッと春巻き』


今日のおしえてうれしぴレシピは、神奈川県のペンネーム あにこさんからの質問でした。

2007年9月19日のおしえて!うれしぴ レシピは、
『失敗知らずのパリッと春巻き』


今日のおしえて!うれしぴレシピは、
”破裂せずにサクサクとろ〜りの春巻きの作り方を教えて!”という質問に答えたレシピです。


かんたんで美味しくてうれし〜いレシピをご紹介。
今日は、破裂しないでサクサクに仕上げる秘訣の春巻きのレシピを教えてくれて、悩みをすっきり解消してくれますよ。


今日は、水曜日ですので、いつもの郁恵さんと水曜の井森さんが一緒に料理です。


「天外天」総料理長の中川優先生のレシピです。

今日のレシピおさらいです。(4人分)


■フライパンにサラダ油適量を入れて熱して、1.5cm幅に切った豚バラ薄切り肉100gを入れて1分程度炒めて、しょうゆ・酒各小さじ1、塩・黒コショウ各適量を加えてさっと炒めてバットに取り出す。

■具を作る。
フライパンに細切りにした水煮タケノコ60g、水で戻し細切りにした干しシイタケ2枚分、へたと種を取って細切りにした緑・赤ピーマン各1個分、細切りキャベツ2枚分を入れて1分程度炒めて、鶏ガラスープ(お湯180ccに顆粒鶏ガラスープ小さじ1/2を溶かしたもの)、砂糖小さじ1/2、しょうゆ大さじ1+1/3、酒小さじ1、塩・黒コショウ各適量も加えてさっと炒め合わせ、豚肉を戻し入れて1,2分程度炒めて、水溶き片栗粉適量でとろみをつけて、ごま油小さじ1を回し入れてさっと混ぜる。
★ココで今日のうれしぴ!です。
とろみは強めに!ゆるいと揚げた時破裂の原因になる。

■具をバットなどに入れて、氷水に10分程度当ててしっかり冷やす。
★ココで今日のうれしぴ!です。
タネは完全に冷やすことで春巻きの皮が破れるのを防ぐ。

■春巻きの皮@(8枚)の中央少し手前に水溶き小麦粉を塗り、春巻きの皮A(2枚:十文字に4等分に切る)を置いて二重に補強し、上に具をのせて周りに水溶き小麦粉をつけて空気を入れるようにふんわりと巻く。同様に計8本巻く。
★ココで今日のうれしぴ!です。
タネを置く部分が一番破れやすいため、皮を二重にして破裂を防ぐ。
★また今日のうれしぴ!です。
縁を留める水溶き薄力粉は濃いめに。
★またまた今日のうれしぴ!です。
空気を入れるように巻くことで破裂防止に。

■160℃の揚げ油適量で春巻きを2分程度揚げて、一旦取り出し、揚げ油の温度を170℃に上げて春巻きを戻し入れて、さらに1分程度揚げて、取り出し油を切る。
★ココで今日のうれしぴ!です。
のりしろの部分を下にして揚げることでめくれるのを防ぐ。
★また今日のうれしぴ!です。
二度揚げすることで冷めてもパリパリの食感になる。

■お皿に春巻きを盛って、パセリ適量を添えたら出来上がり♪
春巻きは食べやすく切ってもよい。


今日のおしえて うれしぴレシピで紹介の失敗知らずのパリッと春巻きでは、パリっと破れないような巻き方、冷めてもサクサクの秘訣のレシピを教えてくれました。
パリッとした春巻きを失敗せず作るには、具能取身は強めにしっかり冷やし、具を置く場所を二重にし空気を入れるようにふんわり巻くこと!
さらに、面倒ですが二度揚げすること!これで失敗知らずの春巻きができるそうです。
今日のおしえて!うれしぴの中川先生、こだわりの作り方はさすがです♪


お料理のお悩みがあったら、フジテレビ「おしえて!うれしぴ」宛てに質問するといいですよ。
採用されたら何かいいもの貰えるみたいです。。。


↓おしえてうれしぴ レシピ詳細は、雑誌ESSEに掲載されています!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


おしえて!うれしぴ レシピ紹介 2007年9月19日
『失敗知らずのパリッと春巻き』

posted by delly at 23:53 | 揚げ物料理レシピ

おしえて!うれしぴ レシピ 『サク2彩りかき揚げ』

おしえて!うれしぴ レシピ紹介 2007年5月24日
『サク2彩りかき揚げ』


今日のおしえてうれしぴレシピは、神奈川県の主婦の方からの質問でした。

2007年5月24日のおしえて!うれしぴ レシピは、
『サク2彩りかき揚げ』


今日のおしえて!うれしぴレシピは、
”かき揚げがうまく出来ません。油っぽくならないかき揚げを作るコツを教えて!”という質問に答えたレシピです。


かんたんで美味しくてうれし〜いレシピをご紹介。
今日はサクサク衣のポイントと形良く仕上げる驚きの秘策があるかき揚げレシピを教えてくれて、悩みをすっきり解消してくれますよ。


今日は、木曜日ですので、井森さんが一緒に料理です。


「笹岡」主人の笹岡隆次先生のレシピです。

今日のレシピおさらいです。(4人分)


■ソラマメ24粒の薄皮を取り除く。

■ボウルにソラマメと細切りニンジン1/2本分、桜エビ30g、薄切りタマネギ1個分を入れて混ぜ合わせて、薄力粉適量を加えて全体にまぶす。

■別のボウルへ溶き卵1個分を入れて、冷水140ccを加え、片栗粉10gも入れて泡立て器でよくかき混ぜて、さらに薄力粉100gも加えて軽くさっくりと泡立て器で粉を沈めるように混ぜて衣を作る。
★ココで今日のうれしぴ!です。
衣に片栗粉を加えることでサクサクに揚がる!
★また今日のうれしぴ!です。
冷水を使うことで粘りの原因グルテンが出るのを押さえてカラッと仕上がる。
★またまた今日のうれしぴ!です。
さらに油との温度差もカラッと仕上がるポイント!
★さらに今日のうれしぴ!です。
薄力粉を加えたら混ぜ過ぎないのも粘りを押さえてカラッと仕上げるコツ。

■上の衣に具材を加えてさっくりと混ぜ合わせる。

■10cm角に切ったクッキングシートを4枚用意し、それぞれにかき揚げネタを1/12量ずつのせて、180℃に熱した揚げ油適量の中にクッキングシートごと入れて揚げて、途中でひっくり返す。(2〜3分)
クッキングシートは自然にはがれる。
あと3セット同様に揚げて、計12枚のかき揚げを揚げる。
★ココで今日のうれしぴ!です。
オーブンシートにのせて揚げることで形を崩さずに綺麗な形に仕上がる。
★またまた今日のうれしぴ!です。
一度に多く入れすぎないことがカラッと仕上げるコツ!

■揚がったら油を切って、塩適量、くし形切りのレモンを適量を添えたら出来上がり♪


今日のおしえて うれしぴレシピで紹介のかき揚げでは、サクサクに仕上げるポイントが満載のレシピを教えてくれました。
サクサクに完成した綺麗なかき揚げ、とっても美味しそう!
今日のおしえて!うれしぴの笹岡先生、すごい秘策を教えてくれましたね。


お料理のお悩みがあったら、フジテレビ「おしえて!うれしぴ」宛てに質問するといいですよ。
採用されたら何かいいもの貰えるみたいです。。。


↓おしえてうれしぴ レシピ詳細は、ESSE6月号から掲載です!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


おしえて!うれしぴ レシピ紹介 2007年5月24日
『サク2彩りかき揚げ』

posted by delly at 23:25 | 揚げ物料理レシピ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。