炒め物料理レシピ

スポンサードリンク



カテゴリ「炒め物料理レシピ」の記事一覧

おしえて うれしぴ レシピ 2007年5月8日

おしえて うれしぴ レシピ紹介 2007年5月8日
『エビと春野菜のイタリア炒め』


今日のおしえてうれしぴレシピは、宮城県のペンネーム まぁ君のママさんからの質問でした。


2007年5月8日のおしえて うれしぴ レシピは、
『エビと春野菜のイタリア炒め』


今日のおしえて うれしぴレシピは、
”中華の炒め物はよく作るんですが、イタリア料理で簡単に作れる炒め物を教えて!”という質問に答えたレシピです。

かんたんで美味しくてうれし〜いレシピをご紹介。
今日は”炒め”だけど”ゆで”が大事で、最後にエシャロットを入れる本格イタリアンを教えてくれて、悩みをすっきり解消してくれますよ。


今日は、火曜日ですので、井森さんが一緒に料理です。


「アルポルト」オーナーシェフの片岡護先生のレシピです。

今日のレシピおさらいです。(4人分)


■殻・尾を除いたブラックタイガー20尾を背開きにして背わたを取り除いてボウルに入れ、塩適量、片栗粉適量を入れて手で優しく混ぜ、水で洗いながらザルに移し、ペーパータオルの上にのせ水気を切る。

■深めのフライパンに塩適量を入れたたっぷりのお湯を沸かし、切り込みを入れたソラマメ24個を入れさっと茹で、引き上げて皮をむく。
★ココで今日のうれしぴ!です。
ソラマメに切り込みを入れておくと茹で上がったときに皮がむきやすい。

■次にグリーンアスパラ8本を入れてさっと茹で、引き上げて湯を切る。
★ココで今日のうれしぴ!です。
野菜を先にゆででおくことで手早く炒められて風味・色・食感を活かす。

■さらにエビを熱湯に入れて、さっと茹でて湯を切って、別のボウルへ入れてしょうゆ大さじ1、酒大さじ1、塩適量、オリーブオイル適量で下味をつける。
★ココで今日のうれしぴ!です。
エビを茹でておくことで色・食感を活かすとともに臭みを除く。
★さらに今日のうれしぴ!です。
エビは下ゆでしたら直ぐに下味をつけることで美味しさがアップする。

■フライパンにオリーブオイル適量を入れて熱し、みじん切りニンニク大さじ1を入れて香りが出るまで炒め、小口切りにした万能ネギ大さじ2、短冊切りにした水煮タケノコ1個、ソラマメ、アスパラを入れて、塩適量、粗挽き黒コショウ適量を入れて、炒め混ぜ、エビを加えてさらに炒め、酒大さじ2〜3、しょうゆ大さじ2、小口切りした万能ネギ大さじ2、みじん切りにしたエシャロット大さじ3、みじん切りにしたパセリ適量を加えてざっと炒め合わせる。
★ココで今日のうれしぴ!です。
最後にエシャロットを加えてイタリアンな味わいにする。

■お皿に盛り、みじん切りにしたパセリ適量をちらし、オリーブオイル適量を回しかけたら出来上がり♪


今日のおしえて うれしぴレシピで紹介のイタリア炒めでは、エビを美味しくするポイントと最後に入れたエシャロットで本格イタリアンになるレシピを教えてくれました。
炒めだけでなく”茹で”にポイントがあるんですね。
ちょっとした手間で簡単にできちゃうので、マスターしておきたいです!


お料理のお悩みがあったら、フジテレビ「おしえて うれしぴ」宛てに質問するといいですよ。
採用されたら何かいいもの貰えるみたいです。。。


↓おしえて うれしぴ レシピ詳細は、ESSE6月号から掲載です!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


おしえて うれしぴ レシピ紹介 2007年5月8日
『エビと春野菜のイタリア炒め』

posted by delly at 23:05 | 炒め物料理レシピ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。